製品情報

農業関連 - 農薬キャリアー(基剤)

用途概要

 農薬に含まれる原体(有効成分)は極々少量で効果を発揮します。
 広範囲の農地に効率よく少量の原体を散布するためには、原体を希釈した状態で散布する必要があります。
 特に農薬粒剤においては、その造粒性の良さから、ベントナイトをはじめとする無機材料が農薬キャリアーとして一般的に利用されており、農薬の安全性や低環境負荷の一役を担っています。
 また、これら農薬キャリアーは軽量化や徐放性などの効果を期待して様々な無機材料が使用されています。

キャリアー

粒剤用キャリアー

 農薬粒剤用のキャリアーはベントナイトを中心に提供を行っています。
 キャリアーは増量剤(原体の希釈)という意味合いが強いですが、ベントナイトは水との馴染みが良いことから造粒性に優れ、また、徐放効果も期待できるキャリアーです。

細粒剤用キャリアー

 農薬の一部に細粒剤Fと呼ばれる剤型があります。クレー細粒剤は細粒剤Fの基準となる粒剤(180~710µm)に調整された天然鉱物由来の細粒基剤です。
 各種原体を含浸させることで、農薬を作ることができます。

取扱い製品

製品名 形状 分類 SDS
クニゲルV1 粉末 ベントナイト ダウンロード
クニゲルV2 粉末 ベントナイト ダウンロード
クニボンド 粉末 ベントナイト ダウンロード
ネオクニボンド 粉末 ベントナイト ダウンロード
佐渡 粉末 ベントナイト ダウンロード
天竜 粉末 ベントナイト ダウンロード
クレー細粒剤 細粒 クレー ダウンロード
クレー細粒剤W 細粒 クレー ダウンロード
よくあるご質問
取扱い製品が各種ありますが、どれを使えば良いか分かりません。

ベントナイトは産地によって性質が異なります。農薬粒剤においてはキャリアーの配合割合が大きいため、選定にあたっては、処方検討の段階で各種サンプルをお試しください。
サンプルが必要な場合はご相談ください。