IR情報

経営情報

中期経営計画

(2017年3月期-2019年3月期)

中長期的な経営基本戦略

 当社グループは、「創業以来70年以上にわたり蓄積した知見と技術を活かし、更なる高付加価値商品の開発・販売と省人化を主眼に置き、ベントナイト本来の性能を最大限に活かした付加価値製品の開発、高収益化の事業構造を構築していく」を経営の基本方針としております。
 以上の基本方針を基に、2017年3月期を初年度とする新中期経営計画を策定しました。今後、この中期経営計画に基づいて事業活動を行ってまいります。

直近の実績と中期経営計画目標

直近の実績と中期経営計画目標

基本戦略実現に向けた3ヵ年の取り組み

1 海外市場との関係拡充
  • 自社原鉱の特性を活かした差別化製品、オンリーワン製品を軸とした海外市場への進出強化
    →オンリーワン製品であるクニピア、止水材などを中心に海外展開を推進
    →KUNIMINE(THAILAND)CO.,LTD.を通じて東南アジアでの鋳物シェア向上
  • 高品質原鉱の探査および調達
    →アメリカ、中国などの資源国での原鉱調査・調達の継続
1 海外市場との関係拡充
2 国内基盤事業の増強
  • オリンピック関連を軸とした国内インフラ整備事業への継続的対応
    →東京オリンピックに向けた工事、都心再開発、老朽化道路対策などへの営業強化
    →地熱発電向け需要の獲得
  • 省人化と管理体制強化に向けた設備投資の増強
    →IoT活用を視野に入れた省人化と管理レベル強化
    →精製ベントナイト「クニピア」、合成スメクタイト「スメクトン」の増産体制構築
  • 探査の強化と鉱区の拡張
    →資源の安定供給を目的とした探査の強化と、既存鉱山の採掘量拡大を推進
2 国内基盤事業の増強
3 既存資源の利用高度化-資源とシステムを科学し、顧客の創造を図る企業-
  • 既存資源の質的向上、量的拡大
    →機械的・化学的処理による品質向上、これまで掘れなかった鉱区で採掘可能な新工法開発
  • ベントナイトの他分野への応用的用途検証
    →難燃材、ガスバリア材など、ナノテク分野における商品の開発・上市
  • オンリーワン商品の実現に向けた異分野連携の強化
    →産学官連携による新しい分野、用途への開発検討
3 既存資源の利用高度化-資源とシステムを科学し、顧客の創造を図る企業-